稼ぐ力を身につける自己投資をはじめよう

稼ぐ力を身につける自己投資をはじめましょう。

 

30〜35までにかせぐ力を身に付けることが生涯収入を増やす最短の近道です。

 

生涯の収入を決めるのは、、「35歳時のスキル」がベースになることは説明しました。
生涯の収入と支出を考えておこう

 

現在のスキルレベルから、35歳までに身に付けたいスキルや経験をある程度換算すれば、そのスキルレベルの年収相場からある程度の生涯年収は予想できます。

 

また、人材のレイヤによって、収入レベルは相当な格差がある時代になります。
日本も現在のアメリカのような収入格差の構成になるはずです。一説によると、年収1億、300万、100万の3種類に分かれるともいわれています。

 

つまり、35歳までに失敗経験を十分に積んで、自分の望むスキルを積み重ねることが生涯収入を上げるために大事なキャリアパスなのです。

 

したがって、30代前半までは「自己成長」のためにお金を出費することが、生涯収入を上げるために効率的なのです。
もちろん、お金をかけるだけではなく、スキルアップが実感できなければなりません。
スキルアップしたかどうかは、まわりと人間と自分の仕事のスキルや成果に差をみれば、自然にわかってくるものです。

 

新入社員から数年は仕事の基礎やその業界の基礎をひたすら繰り返すことが、はじめの一歩です。
資格勉強がそのためのプロセスとして、有効です。
資格取得勉強を始めよう

 

これらの初級レベルが終われば、あとは仕事で実践するのみです。
ケースを増やして、自分の中でよりつかえる知識に昇華していくことです。
積み重ねていけば、おのずと社内では抜け出る存在になります。

 

上級レベルを目指すなら、組織で生きる人材ではなく、できれば個人で生きていけるレベルを目指しましょう。
たとえ届かなくても高待遇で転職できる力は、十分に備わっているはずです。

 

35歳までに、稼ぐ力を身につける自己投資をはじめておくことが大事です。