これからの働き方

これからの働き方をイメージしておきましょう。

 

私たちが働くスタイルは、あと20年もすれば、大分かわったものになっているでしょう。
これから起きる変化しては、われわれの世代には定年退職がないということです。

 

これは日本国内の一般企業で働くことに限った話ですが、あと30年もすれば、日本の平均寿命は70歳を超えてしまいます。年金は存在するでしょうが、形骸化した制度となっているでしょう。

 

人口減が確実で、社会保障費を出せない状況とならば、定年退職制度は消えることは用意に想像ができます。つまり私たちは、死ぬまで働くことになります。少なくとも国はそう推奨するし、そうしなければ生きていけないのです。

 

では、私たちはどうすればいいのか?
どういう働き方をすればいいのか?

 

長く働けるにはどんな仕事ができるか?という思考をすべきです。
昔のように、「社畜」のような働きかたをしては、到底長く働けません。

 

ポイントしては、2つです。

なるべく楽しんでできる仕事と出会う

楽しめる仕事は、本業の仕事でリストラにあっても、リストラにあわない場合の老後の仕事としても、いづれ身を救う種になります。

 

副業も含めて、楽しめそうなことを早い段階で試してみる。

副業で、かせげそうなタイミングをみつけたら、将来の蓄えのために、一気にかせいでしまうことも大事です。

 

長く楽しめそうなネタを、早い時期にできるだけたくさん始めておく