これからの時代のキャリアパス

これからのキャリアパスはどう考えればよいでしょうか?

 

時代の変革が激しい今日、確かなキャリアパスを設計できるほど時代のスピードは遅くありません。

 

業種や業態、職種が混同して、新しい付加価値を生み出すビジネスが増えています。
変化もはげしく、既存の枠組みを超えて、ビジネスがダイナミックに潮流する時代なのです。

 

こんな時代には、一芸だけできれば安心して生きていけることはありません。
一芸に秀でていることよりも、幅広い視野を持つこと、どんな状況に対応できる柔軟性を持つことが戦略的には有効です。

 

まさしくダーウィンの進化論と同じです。
強いスキルより、環境に対応できる能力を持った生物こそ生き残れるのです。

 

どんな状況に対応できる柔軟性を持つためには、組織に依存する生き方もリスクが高いと考えたほうがよいです。
これからは、組織に頼らずとも、個人で生きていける実力を持つことがキャリアパスのゴールといえるでしょう。

 

 

 

個人で生きていける実力を持つことをキャリアのゴールにしよう。