今どきの会社の利用法 ポジティブ編 

今どきの会社の利用法 ポジティブ編です。
ポジティブに会社を利用し、いつか捨て去るための考え方です。

 

会社は、いろんな人間とうまくやらなければいけない、非常にめんどくさい場所です。
その中で会社からのミッションをこなしていかなければなりません。
表向きの行動はそれでいいしょう。

 

ただし、自分のすべてを会社に重ねるのは、リスクがあります。
少なくとも、仕事の段階が「CALLING」に達していない場合は、会社の都合より、自分の生き残りを重視すべきです。

 

会社の生き残りなんかより、個人の生き残りのほうが大事ということは説明しました。
会社は、個人の人生を保証しないのです。

 

会社は自分の成長の糧にする成長装置だと割り切りましょう。
会社を自分の成長のためにとことん利用することです。

 

そして、会社からエッセンスを搾り出すだけ搾り出せたら、自分の業績を捨て、その会社から卒業すべきです。
ある分野で十分に成長できたなら、とっととその会社を捨ててしまいましょう。

 

会社はお金をもらって、ただで失敗経験させてくれる場所です。
どうやって会社のエッセンスを搾り出すか、どうやって自分が成長できるかを追求しましょう。

 

 

会社からノウハウを搾り取ろう。成長できたら会社を捨てよう。