会社を知る 大企業あるある

会社でよくあること、大企業編です。
あくまで一般論なので、違うケースはあると思いますが、傾向として多いものを上げます。

 

問題点は昔からよくいわれることがほとんどですが、現実的についてはなかなか変われません。

 

理由として

  • 本質的に大きな組織であることのジレンマがあること
  • たいていの組織は自浄作業をもっていない

ということがあげられます。

 

 

大企業で良いこと

  • 残業代や手当てがきちんと出るところが多い。
  • 福利厚生はしっかりしているところが多い。
  • 融資先がなくならないかぎりは倒産する確率が低い。
  • 給料の変動はそれほどないので安定している。

 

大企業で悪いこと

  • 人事や規則のタブーを踏むと社内でのキャリアパスに影響が大きい。
  • 自分の数年後の未来が見えやすい。
  • 配属で身につくスキルや人生の方向性が大きく決まる。
  • ただめんどうな人が要職についていることがある

 

大企業での傾向

  • 中堅社員以上は派閥争いや足のひっぱり合いは普通に起こる。
  • 出世するのは性格、容姿ともにスマートなタイプが多い。
  • 変化への対応や意思決定がとにかく遅い。

 

 

組織風土の中で、実力を発揮していくことを覚えよう。